<< 夏の思ひ出 | main | 青文字系 >>

イメージング

 maeno-Kです。



ある遊園地の休息所にあった鉄製のイスの画像です。

ユーモラスな表情で、泣いているのやら笑っているのやらどうしたのって感じで・・・。

ずっと何気なく見ていると、ふと何十年か前のコマーシャルソングが浮かんできました。
日本の男性コーラス・グループ「ハニーナイツ」がコマーシャルで唄っていた
 「ふりむかないで(ライオン「エメロンシャンプー」) の曲でした。
この頃は、髪の長いきれいな後ろ姿の女性をさがしてコマーシャルに登場させる企画で
全国の所要な街を訪ねて回ってCMに登場させるようなことをしていました。
事実、知り合いで髪が長くて後ろ姿に自信のあった女性は、
何度か街に足を運んだそうですが・・・。

泣いているのか〜 笑っているのか〜・・・・なんてさわやかな良いメロディでした。

ところが突然、おーアンパンマンにでてくる食パンマンににてるね−!の声。
その余韻にひたることなく隣にいた子どものそのような声に・・・。
それも有りかとイメージングするうちに、
引きずられるように、我が子が小さいときに唄っていた曲が頭の中に。

「そうだ うれしいんだ 生きる よろこび たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン やさしい 君は 行け!みんなの夢 まもるため。」

二つの曲が一日中頭の中をぐるぐる駆け巡っていました。

イメージングによる定義付けなのですが、
子どもは子どもなりに、大人は大人なりにって事なんですけど。

そういう私は、何十年も前にサントリーのTV・CMを見て
こんな宣伝作りたいと思いこの道を志した事が思い出されました。

at 13:05, 株式会社スジヤ 印刷工房(商品開発部), -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://design-blog.sujiya.net/trackback/37